どんな男性が来る?ガールズバーの客層についてまとめ

ガールズバーの客層

ガールズバーは夜のお店の中では料金が安いほうなので、キャバクラやクラブなどの高い料金を払えない若い年齢層のお客さんもたくさん来店します。
ですのでキャバクラなどの他のナイトワークの客層は30代〜40代くらいが多いのですが、ガールズバーはかなり年齢層が低く、20代〜30代くらいのお客さんがよく来ます!
ですが、これはあくまでガールズバー全般で、という話。
お客さんとおしゃべりすることが大事なお仕事だからこそ、お客さんや客層については大前提としてよく知っておきたいですよね。
年代によって盛り上がる話題は違います。その上、エリアによってガールズバーの特色が違い、その違いによって来店する客層も違ってきます。
ここでは、ガールズバーの客層やガールズバーのお客さん事情について紹介していきますね!

街によって・お店によっても違う

最初にも少しだけ紹介したように、街やお店の雰囲気によっても来店するお客さんは違います!
例えば夜の高級歓楽街である銀座や六本木。
ここには高級指向で女の子のレベルが高いガールズバーが多く、その分料金も高いのでお客さんの年齢層は少しだけ高くなります。
例えばサラリーマンの中でも少し階級が上の方とか、医者や弁護士といった職業の方も来店するそうですよ!
他にも、例えばガールズバーは制服が多彩で、中にはメイド服などのコスプレで接客するガールズバーもあります。
逆にコスプレ系は年配のお客さんより若いお客さんにウケが良いので、客層は若めで、もっと言えばお金を持っているかどうかに関わらずオタク層のお客さんが多いですね。
そのように、お店の雰囲気や立地によって、来店するお客さんの雰囲気もかなり変わってきます!
コスプレなど、珍しい雰囲気のお店ならそれが好きな方が遠くからでも足を伸ばしてやってくることもあるとか・・・。

単価の良いお店ほど客層が良い

お客さんとおしゃべりして仲良くなる仕事だからこそ、ガールズバーのバイトはお店や街の雰囲気によって仕事のやりやすさが変わってきます!
結局のところ、どんなお店が働きやすいのかというと、客単価が良いお店。
さっきの例で言えば銀座や六本木ですね。料金が高い分、一般のお客さんには手が出しにくいですが、社会的に自立していていて羽振りが良いお客さんが多いお店は客層が良いです!
言ってしまえば、チンピラやヤンキーっぽいお客さんが入ることが少ないお店ですね。
お客さんの羽振りが良いので、ドリンクバックで稼ぎやすいですし、会話も落ち着いていて、お客さんも話し上手な方が多いので話を聞いていて楽しいです。
そうした客単価が良いお店は高級指向なお店に偏りがあり、接客が上手い子や見た目のレベルが高い子など、採用基準が高いお店も多いので、しっかり身だしなみは整えないといけません!