【バイト選び】ガールズバーのバイトとコンビニのバイトを比較!

ガールズバーのバイトとコンビニのバイトの仕事内容を比較

深夜のバイトといえばコンビニ!そう想像する人もいるかもしれません。
確かに、若い人でも働けるコンビニの深夜バイトは高時給ですし、お客さんも少なくて楽そうだと思うかもしれません。
ですが、ガールズバーと比べればどうなのでしょうか?
この記事では仕事内容やお給料の相場、またそれぞれの仕事の大変なところについて比較していきます!

お給料の比較

まず、お給料について比較していきます。
ナイトワークとはいえ、ガールズバーはその中でもお給料は低め。
ですが、コンビニのバイトと比べればどうなのか、給料システムや都内の給料相場から比べてみましょう!

ガールズバーのお給料

ガールズバーのお給料は、都内で時給2000円くらいのところが多いですね。私が働いているガールズバーも時給は2000円です。
高級ガールズバーになると時給3000円くらいになるところもありますが、初心者でも働きやすい、ノルマなしのガールズバーで考えればそれくらいが妥当です!
お客さんとおしゃべりをしながらオーダーをもらったお酒を作るのが基本の仕事。
もしそこでお客さんにお酒をおごってもらったら、その売上の一部がバックとしてボーナスが入ります。
お店によっては、ボトルのオーダーなどでもバックが入ることもありますね。

コンビニのお給料

コンビニの都内の時給相場は1000円くらいと、普通の昼のバイトと考えるとお給料は平均で、大学生やフリーターを積極的に採用しています。
ですが少し都心を外れると時給800円〜900円など、そのエリアの最低賃金ギリギリで募集しているお店も多く、昼間は高校生バイトもOKにしているところもありますね。
ガールズバーと同じように深夜に働けば、深夜手当がついて1250円くらいになります!
ですのでガールズバーと比べれば時給相場は低めで、バックが入ることもありません。
もちろん頑張りに応じて時給をアップしてもらえる可能性もあるので、頑張りがいはあります。
また、男性でも女性でも、どんな年齢の方でも高時給で働けるのもコンビニバイトの魅力ですよね!

仕事の大変さの比較

では、仕事の大変さについてはどうなのでしょうか?
ガールズバーとコンビニバイトの大まかな仕事内容について触れながら、それぞれの仕事の大変さについてご紹介していきます!
大変なところはその仕事によってそれぞれ違いますので、両方の仕事のデメリットについてぜひ比べてみてくださいね!

ガールズバーの仕事

ガールズバーの仕事はさっきも触れたように、基本的にはカウンター越しにお客さんとおしゃべりをしながらお酒や簡単なおつまみを作って提供します。
制服はお店によって違い、私服OKのところもあればコスプレや制服が支給されるところもあります。
お客さんは男性が中心で、お酒はもちろん、若い女の子との出会いを目当てに来店しているお客さんもいるので、下ネタを振られることもあるかもしれません。
ですので、下ネタが苦手な人にとっては苦手意識を感じてしまう可能性もありますね。
また、ガールズバーもコンビニも基本立ち仕事ですが、高いハイヒールを履いて立ち仕事をしなければいけないという点では、ガールズバーの方が辛いと感じる人もいます。

コンビニの仕事

コンビニの場合は、お店選びで大変かどうかが分かれます。
住宅街の真ん中にある暇なお店を選べば、深夜に来店するお客さんも少なく楽に感じるかもしれませんが、1人か2人で長時間お店を営業しないといけません。
逆に幹線道路や駅に近いお店では深夜でもお客さんが来店することが多いので、意外と忙しいです。
レジをしながら朝の営業に備えて品出しをしないといけないので、昼間よりも重労働!
次の日のお弁当やドリンクなどは深夜に搬入されることがほとんどです。
夜は変なお客さんが来店することも多いので、店長の方針によっては若い女の子はそもそも深夜帯で雇ってもらえないなど、お店探しで苦労を感じる人もいるかもしれません。

まとめ

ガールズバーとコンビニバイトについて、仕事内容やお給料について比較してきました。
あなたはどっちの仕事の方に魅力を感じましたか?
大変な面については、お店によって、またエリアによっても違いますし、あなたの性格によっても違うかもしれません。
私はそもそも力仕事ができるほどの腕力がないですし、たくさん稼ぎたいという気持ちもあったのでガールズバーの仕事を選びました!
若い女性なら採用してもらえる確率が高いこと、お給料が圧倒的に高いことを考えるとガールズバーの仕事の方が魅力的です。
ですが、下ネタに耐性がない人にとってはコンビニバイトの方が魅力的に見えるかもしれません。
どちらも頑張れば効率よくしっかり稼ぐことができるバイトです。
しっかり2つの仕事を比べてみて、自分にとってより合っている方を選んでみてくださいね!