ガールズバーのバイトとスナックのバイトはどう違う?比較まとめ

ガールズバーのバイトとスナックを比較

スナックと言うと、夜の街や飲屋街の片隅にある飲み屋さん、というイメージがあるかもしれません。お店を見たことはあっても、どんなシステムで、どんな仕事内容なのかはよく知らない方も多いかもしれませんね。

この記事では、ガールズバーのバイトとスナックの給料面と仕事内容について比較してご紹介していきます!

お給料の比較

お給料についてはどうでしょうか?
ガールズバーとスナックでは、仕事内容に大きな違いはありません。

ですが、雰囲気が大きく違いますし、中には若くて可愛い女の子を雇っているスナックもあります。
雰囲気も落ち着いたところが多く、仕事内容にも大きな違いはない。

では、給料面には違いがあるのか?都内の時給の相場と合わせてご紹介いたします!

ガールズバーのお給料

まず、ガールズバーの東京の時給相場はだいたい2000円ほど。
日給では1万5千円〜2万円くらいのところが多く、夜のお店の中ではお給料は高くはありませんが決して安くもありません!

特別プライベートが削られるようなことも少ないので、昼間は学生やOLをしている人が副業やお小遣い稼ぎを目的としてガールズバーで働いている人も多いです。

バックシステムもあり、お客さんにお酒をおごってもらったらその料金のうち20%程度がボーナスとして上乗せされるのも嬉しいところ。
頑張れば頑張るほど、バックで稼ぐこともできますよ!

詳しくはバックだけで〇万円!?ガールズバーで稼ぐなら知りたいバックの種類の記事で紹介しています!

スナックのお給料

スナックのお給料は、東京都内では2000円くらいのところが多いですね。
中には時給2500円くらいで募集しているところもあれば、少し地方に行けば時給1200くらいのところもあります。

スナックは小さいお店が多く、地域によっても時給は大きく変わるのでチェックしてから働きたいですね。

スナックは基本的に仕事中にお酒を飲むこともできますがバックはなく、時給の額面そのままお給料としてもらえるところが多いです。

仕事内容と仕事の大変さの比較

ここではスナックとガールズバーの仕事内容を解説しながら、どちらの方が大変かについて解説しますね。

ガールズバーもスナックも、カウンター越しにお客さんとおしゃべりをしながらお酒を作るところという点では共通しています。ですが、違うのは雰囲気と年齢層ですね。

ガールズバーははっちゃけた雰囲気のお店が多いですが、スナックは経営しているママが主体となっているお店が多く、落ち着いた雰囲気があります。ママの性格によって店の色が変わってくるのがスナックです。

ガールズバーの仕事

ガールズバーは基本的に立ち仕事で、さらにお客さんから下心を持って見られる可能性も十分にあります。

さらに、ハイヒールを履いて接客するところも多いのでハイヒールを履き慣れていない人にとってはまず体力的に大変かもしれません。私も例に漏れず、最初は足腰が大変でした(笑)

さらに、ガールズバーで働く女性は若い子が多いので、お客さんからデートに誘われたり、下ネタトークをふっかけられることも多々あります。
ですので、下ネタやデートのお誘い等のやりとりが苦手な人にとってその点が大変だといえるでしょう。

スナックの仕事

スナックではお酒を飲みたい常連客や年配のお客さんが多いです。
ですので、ガールズバーのような色恋関係の話をするよりは、世間話をしながらお酒を飲むといったような仕事がメインです。

ガールズバーに比べて、若い女の子に下心を持つ男性は少ないですが、スナックでも下ネタトークはやっぱり健在です!時にはお客さんだけでなく、ママから下ネタトークを振られる可能性もありますので、逃げ場はありません。

スナックで働く女性は30代~40代が多いので、時にはお客さんから「ババア」と心無い暴言をはかれたりすることもあります。

先ほども言ったようにスナックは基本的にバックはありません。
ですので、給料をグンッと上げることは難しいのでお金を稼ぎたい人からすると大変だと思うかもしれません。

まとめ

ガールズバーのバイトとスナックについて比較してきました。
時給相場や仕事内容については大きな違いはありませんが、何より雰囲気や客層が違います!

【スナック】
キャストの平均年齢が高く、下は20代~上は40代まで長く働けるのがスナックの特徴。
ママを中心にお店全体で盛り上がるような雰囲気のお店が多いです。
ナイトワークが好きな人、ナイトワークで長く働きたい人や、将来的に自分がスナックのママとなってお店を持ちたい人には、スナックが向いています。

【ガールズバー】
女の子の平均年齢が若く10代の子も多い。
お客さんから下心を持った目で見られることも多いが、それを利用してドリンクバックで稼ぐことも可能。
下ネタトークや色恋が苦手な人はお客さんの年齢層が高い下町のガールズバーを選べばストレスフリーで働くことができます。
期間限定のお小遣い稼ぎをしたい人や、昼間は学生だったり、OLをしている人の副業にはガールズバーの方が向いています。

スナックとガールズバーの特徴を把握して比較した上で、自分に合うほうを選んでくださいね!