ガールズバーでの連絡先交換は必須?気になる事情を現役バイトが暴露

ガールズバーでの連絡先交換は必須?

私がガールズバーで働くと決めたときに、少し気になっていたことがあります。
それは、「ガールズバーでの連絡先交換って必須なのかな…」というところです。

結論から言えば、連絡先の交換は必須ではありません!
断りたければ、断っても大丈夫。

でも、連絡先交換をするのが結果的に良い方向に行くこともあります。
この記事では、ガールズバーでの連絡先交換について詳しくご紹介します!

連絡先を交換するメリット

連絡先を交換する場合、以下のようなメリットがあります。

・自分の出勤日を教えられるので、お店に来てくれる可能性が上がる
・誕生日などを宣伝でき、ボトルを入れてもらえる可能性が上がる

ガールズバーは時給のほかに「バック」というシステムがあり、より効率的に稼げるようになっています。
(バックについて詳しく知りたい方はバックだけで〇万円!?ガールズバーで稼ぐなら知りたいバックの種類の記事をご覧ください。)

出勤日にお店に来てもらえれば、ドリンクバックが付く可能性が高いですし、誕生日に来てもらえればボトルを入れてもらえるかもしれません。
こうした点から、お客さんと連絡先を交換するのは、良い点もあるんです。

単純にお客さんとの親密度を上げられるので、普段から足を運んでくれる可能性が高くなるというメリットもあります。

連絡先を交換するデメリット

反対に、連絡先を交換した場合には以下のようなデメリットも。

・外でのデートなどに誘われる
・彼氏などがいる場合ガールズバーで働いていることがバレる場合がある

店外でのデートは、もちろんお給料は発生しません。
それに、何を考えているお客さんかわからないため、ホテルに誘われたり危険な目に合う可能性もあります。

また、彼氏がいる場合は通知などを見られてガールズバーで働いていることがバレてしまう可能性もあります。

もしあなたに彼氏がいて、お客さんと連絡先交換をした場合は、通知を切るなど対策を十分にしましょう。

しつこく連絡先交換を迫る人への対処法3選

先ほど、連絡先交換は必須ではない、断っても良いというお話をしました。

しかし、断ってもしつこく連絡先を求めてくるお客さんも中にはいます。

ここからは、そんなお客さんに運悪く当たってしまった場合の対処法についてご紹介いたします。

あらかじめ断るときの言い訳を用意しておいて、いつでもサッと口にできるようにしておくとよいですよ。

①お店に禁止されていることにする

まず一つ目は「お店に禁止されていることにする」方法。

ただし、お店自体が連絡先交換禁止かどうかは、他の女の子もいるのですぐにバレてしまいます。
この方法を使う場合は「面接のときに連絡先交換NGって言ってあって…」などと言うようにしましょう。

②実家住まいで家族が厳しい設定にする

もう一つの方法として「実家に住んでいて、家族が厳しいということにする」という方法もあります。

「ガールズバーで働いているのが家族にバレたら、お店を辞めなくちゃいけない」
「親にスマホを管理されている」

などと言えば、うまくごまかすことが可能です。

③彼氏がいることを言う(いることにする)

これは最終手段ですが、「彼氏がいる」ということを伝える方法もあります。
この方法を使えば確実に連絡先交換を拒否できます!

ただし、この方法を使ったらそのお客さんはもうお店に来てくれないでしょう。

ガールズバーはカウンターの接客であるため、他のお客さんに伝わってしまう可能性もあります。
どうしてもというときにしか使えない方法です。

まとめ

ガールズバーでの連絡先交換について、連絡先交換を断る方法についてご紹介しました。
この記事の内容をまとめてみます!

・ガールズバーでの連絡先交換は必須ではない
・ガールズバーで連絡先交換をすると、お客さんに来てもらいやすいなどのメリットもある
・どうしても連絡先交換を拒否したい場合は、何か言い訳を用意するとよい

ガールズバーでの連絡先交換は必須ではありませんが、毎回断るのもかなり体力を使います。
とはいえ、メリットが全くないわけではないので、お客さんによっては交換してみるのもアリだと思います!