ガールズバーでのセクハラはある?現役バイトが全部語ります

ガールズバーでのセクハラについて

ガールズバーは夜のお店と言っても基本的には同伴とかアフターはないし、お客さんとの連絡先の交換をしなくて良いお店もあります。
ですが、世間のイメージは違いますよね?ガールズバーは女の子と仲良くなって、あわよくば店の外で会えるとか、お店の中で女の子にセクハラしても良いとか、そんな風に思ってる人もいます。

そこで疑問に思うのが、「実際のところ、ガールズバーってセクハラはあるの?」っていうところ。
不安に感じる人もいるかもしれないですが、結論から言うとセクハラは(ほとんど)ない!です!
その「(ほとんど)」にあたる部分の理由や、イメージに反してガールズバーではセクハラがない理由について解説しますね!
ガールズバーでの仕事に興味はあるけれど、セクハラされたら嫌だなあ、お客さんと触れ合うのはやだなあと思ってる人必見。
それでも、どうしてもセクハラはされたくない!そう思ってる人のための回避方法も合わせて紹介していきます!

カウンター越しの接客なので触られたりはしない

まず、ガールズバーでの接客は基本的にカウンター越しです。
女の子は立って、お客さんはカウンターの前の椅子に座っておしゃべりをしたりお酒を飲んだりするから、そもそも物理的にお客さんが手を伸ばしても女の子に触れられません!
なのでカウンターの構造的に、女の子に触れようと思うとお客さんは思いっきり体をカウンターに乗り出さないといけないので、その前に自分に触ろうとしてることがわかります。
もちろん刑務所の面会室みたいに(笑)透明の壁で仕切られているわけじゃないので、触れることそのものは可能ではあります。
ですが、そもそもお店のルール的にお触り厳禁にしてるところが多いですね。
触られたくなければさりげなく後ろの棚のお酒などを取るフリをして回避すれば良いですし、あからさまにセクハラしようとするお客さんはルール違反ということで出禁になる可能性もあります!特に「お触り厳禁」をルールとして掲げてるお店では。
ですので、絶対にセクハラされたくない人は、お触り厳禁とか、セクハラNGって堂々と書いてあるお店を選ぶのがオススメです!

下ネタを話してくるお客さんはいる

ただ、どこのお店に行っても下ネタを話題にしてくるお客さんは避けきれませんね。
お酒が入ってて、気分良く若い女の子と喋ってると恋バナの延長線で下ネタをふられることは自然なこと。
「どんな人がタイプ?」「どんなデートが理想?」なんて序の口です!
人によっては酔っているのかふざけているのか「どんなエッチが好き?」なんてぶっこんでくる人もいます(笑)
あからさまなセクハラは避けることはできても、細かい下ネタトークまではある程度黙認されてるところがほとんどなのでお客さんの気分を害さないようにある程度乗らないといけません。
なので下ネタに耐性がない人はある程度下ネタトークに慣れるか、うまくかわす方法を身につけておく必要があります!