【ガールズバーの面接対策】現役バイトが教える面接突破の方法

ガールズバーで働きたい!そう思ったらまずガールズバーの面接を受けなければいけません。
ガールズバーのほぼ100%に面接があります。もちろん採用率100%なんてことはありませんので、働きたいお店が見つかったら、面接は真面目に受けて確実に受かりたいところですよね。
ここでは、ガールズバーの面接の突破方法について現役バイトの私が教えていきたいと思います!

面接でよく聞かれること

まず、面接でよく聞かれることについてまとめます。

・志望動機は?
・週何日・何時間くらい働ける?
・お酒は飲める?
・どこに住んでるの?

他にも働く上でお店が聞いておきたいことを聞かれる可能性はあります。
いくつか質問されるとは思いますが、志望動機以外は採用した後のことを考えて、シフト関係のことやガールズバーにつきものなお酒関係のことばかりなので、正直に答えましょう。
どこに住んでるか聞かれるのは、車での送りが必要になるかどうかを知りたいから。
車で送るのにもある程度コストが掛かるので、聞かれる場合が多いです!
特に学生さんの場合は、身分証明書に書いてある実家の住所と下宿先が違って、身分証明書だけでは住んでいる場所がわからない場合が多いことからあえて聞くそうですよ。(店長談)

質問への返答の仕方

ガールズバーのバイトの面接で聞かれることは以上のような感じです!
これをただ淡々と答えるだけでは、採用される可能性は高くはありません!
面接を行うガールズバーの店長は、ただ質問の答えだけを採用基準にしているわけではなく、その返答の仕方を判断基準にしている場合もあります。
ここでは、ガールズバーのバイトの採用されやすい返答の仕方について、ご紹介していきます。

嘘をつかない

まず大前提として、嘘はつかないでおきましょう。
例えばシフトにそこまで多く入れるわけではないのに、「週5で入れます!」なんて大嘘を吐くのはNG(笑)
もちろんその時は採用されるかもしれませんが、結局本当に入れなければ自分の首を締めることになってしまいます。
他には、お酒が飲めない・弱いのに「たくさん飲めます!」とアピールするなど。
お酒が飲めなくても働く上で大きな支障はないので、お酒が飲めないなら飲めないで正直に答えましょう。
酷い場合は面接で聞いていた内容とは違うからという理由でクビにされる可能性もあります。
ですので、例え返答によって採用に不利になるかもしれないことがあったとしても、正直に答えて、その上で働きたいやる気や熱意を見せるのがポイントです!

明るく元気よく話す

何より大切なのが、明るく元気よく話すことです!
ガールズバーではお客さんと楽しくおしゃべりすることが大事な仕事です。
なので、面接でもお客さんと接するときのように、明るく元気よく答えましょう。
そうすることで、一気に採用されやすくなります。
出来るだけ笑顔で愛嬌良く話すのもポイントですね。
お店側はこの質問の返答の仕方をみて、この子はお店に出しても大丈夫かどうかというところをしっかり見ています。
なので、面接だからとかしこまりすぎずに、ハキハキと元気よく話すこと、笑顔で話すことを意識してみてください。

面接の後は「体入」へ進む

面接が終わったら「一応君は採用の予定だけど、この後体入していく?」と聞かれます。
ちなみにガールズバーの面接では、採用の場合はその場で採用されます。
不採用だった場合は「合否は追って連絡します」と言って帰されますので、その時は諦めて次のバイト先を探しましょう。
では、採用だった時の場合!面接が終わったら、シフトを入れる前にその日か後日日を改めて、体入をすることになります!
体入は体験入店のこと。お試しで実際にガールズバーのお店に出て、そのお店のスタッフとして働いてみることを言います。
もちろんこの時の給料もちゃんとその日に支払われますよ!
そこで気をつけるべきことについて2つ、紹介していきますね!

体入ではお店の雰囲気もチェックしよう

体入は「自分がこのお店の雰囲気に合っているかどうか」「このお店はブラックではないかどうか」を実際に自分で確かめることができます。
初めてのガールズバーのバイトに戸惑うことも多いかもしれませんが、雰囲気を確かめることを忘れてはいけません。
例えば、バックヤードまで綺麗に掃除しているかどうか、お店の女の子同士が仲よさそうかどうかなど、お客さん目線ではわからない部分についてもしっかり見ることができます。
どうせなら、雰囲気が良い働きやすいお店で働きたいですよね。
派閥があるお店や、店長やマネージャーが女の子に厳しい、そっけない態度のお店も注意が必要です。

緊張しすぎずに先輩から接客方法を学ぼう

最初から完璧に仕事ができるガールズバースタッフなんていないので、緊張しすぎずに、自分のできる仕事から始めましょう。
体験入店でいきなりお店のメニューのレシピ全てを覚えることなんてできませんので、会話の方から慣れていくことを覚えてきましょう。
ガールズバーのバイトの会話術は、先輩の接客方法を真似する形で覚えていくとやりやすいです。
そのお店それぞれの雰囲気に合った接客スタイルもありますしね。
そうした部分を少しずつ覚えていきつつ、ガールズバーの仕事に一生懸命取り組んでいくことがとても大切です!
体験入店は女の子側がお店の雰囲気を確かめられると同時に、お店側がその女の子の働きぶりを確かめられるシステムでもあります。
なので、雑にやったり適当にやっていると体入後に落とされる可能性もありますよ!

まとめ

ガールズバーの面接の採用率は、低くはありませんが100%ではありません!
ですが、ハキハキと元気よく答えて、人当たりの良さをアピールすれば採用率はかなり高くなります!身だしなみも重要ですね。
そして、面接に合格したら体験入店に進みましょう。

・お店や働く女の子の雰囲気が良いかどうか
・バックヤードまで綺麗で清潔感があるかどうか

この2つについて目を配りつつ、先輩の接客方法を少しずつ吸収しながらガールズバーの接客に慣れていきましょう。
ガールズバーでは可愛い女の子よりも頑張って真面目に働いてくれる女の子を求めています!
ですので、ガールズバーのバイトをしたい方は、その熱意ややる気を見せて、働きたいお店でちゃんと働けるよう面接や体入から始めてみてください!